ホーム > 健康 > 世界中で糖尿病が急増

世界中で糖尿病が急増

日本はもちろんですが、世界中で糖尿病が急増しています。

世界160か国がが参加すうる国際糖尿病連合が発表した結果によると、世界の成人の糖尿病になる確率が8パーセントに近づいており、一番多いのがアメリカやメキシコ、カナダなどが、およそ10%、次いでバーレンやサウジアラビアなどの中東地域のようです。

 

特にオイルマネーで裕福になった中東における糖尿病有病率は、近年ますます増えてきています。

ガソリンの値段が日本円で30円くらいにすぎず、市民は裕福で誰もが車を使い路上でじゃたらいているのは外国人労働者ばかりです。

 

その為、サウジアラビア人は運動不足です。

このように裕福な国では、糖尿病になる人が多く、日本で50年かかった糖尿病人口の急増の速度が、中東では更に加速しるのです。

 

また、人口の多い国が多くなる傾向があります。

多い地域としては、インド、中国、韓国、日本などの西太平洋地域で急増していますが、特に経済発展中の中国は突出しており、問題は深刻です。

これから急速に高齢化社会を迎える中国では、増加のスピードは他の国の比ではないかもしれません。

 

また、日本でも自動車台数がどんどん増加していることもあり、それに伴い運動不足になっていることも糖尿病が増えている一つの要因として考えれます。

自動車ばかり使うのは西欧化風の生活様式を取り入れたことで、日本でも糖病病が増えたことは間違いないでしょう。

運動不足、肥満、糖質の過剰摂取などの食事を含めた生活習慣が若い人を中心に増えたことで、最近では30歳代でも患者さんが増えてきています。

【荒木式】糖尿病改善プログラム


タグ :

関連記事

  1. 世界中で糖尿病が急増

    日本はもちろんですが、世界中で糖尿病が急増しています。 世界160か国がが参加す...

  2. のびるんるんで順調に伸ばしていく

    うちの子供には今贅沢のびるんるんを食べさせています。 アレルギーフリーいうことで...